ビジネスマン 話のネタ帳 うんちく 雑学館: 「いい社員」と「ダメ社員」の比率は常に一定の法則がある

「いい社員」と「ダメ社員」の比率は常に一定の法則がある


どこの会社にもいるいい社員とダメ社員。



ところで、いい社員とダメ社員の比率は常に一定?



はい。 そうなんです。

これにはレッキとした研究結果もあるのです。



経営学的な見地からいうと

よく働く社員と、普通に働く社員、怠けて働かない社員の比率は

「2対6対2」だそうです。


働くが2割。 普通が6割。 怠け者が2割。



じゃあ全員を、働き者ばかりにしてみたらどうなるか。

はい、ちゃ〜んと「2対6対2」の比率になるそうです。



アリを使った実験もあるのですが

こちらの結果もこの法則通りになったそうで、

2割の働くアリを取り除いてみたら

残りの中から全体の約2割が働くようになったそうで


逆に働かないアリを取り除くと

残りのアリの約2割が働かなくなったそうです。



どこかの球団にあったでしょ。

4番バッタークラスをズラリと配置しても

なかなか優勝できないことが・・・。


posted by アイドマ at 11:06 | ビジネス・経済のネタ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。